top of page

「アフターケア相談室 にじのしずく」事業の法人移管について

【ご報告】

2023度から「アフターケア相談室 にじのしずく」は当法人を卒業し、支援コーディネーターの棚原が代表を務める一般社団法人「ある」へ引き継ぎ、子ども・若者のサポートをより専門的に強化することになりました。


新しい法人のもと、更なる伴走支援の強化に努めます。今後もお互いに連携を取りながら、変わらぬ支援活動を続けてまいります。


「一般社団法人ある」の活動についてはこちらからご確認ください。



にじのしずく相談室長 棚原(にじレンジャー13号)からのメッセージをご紹介します。


2016年、「金ちゃんラーメンの会」「にじのしずく」どちらの名称も未希さんが、おもしろがって名づけてくれました。

思いついたことをすぐ行動しちゃう未希さんに あと押しされて、アフターケア相談室は、にじのはしファンドのもと、のびのびと活動させてもらいました。

そして、2023年、にじのしずくは自立をします!

自立とは、何でもひとりでできるようになるのではなく、「助けを求めるチカラをつける」ということ。 いつも若者たちにそう伝えています。

私たちが、別々の道を行くことで、よりお互いのチカラが高められるように。 考えに考えて、法人の分離を決めました。

これから、にじのしずくは「一般社団法人ある」のもと、活動していきます。子ども、若者たちに言葉以上の エールが伝わりますように❣️ まずは自分の足元から、実践してみます。

にじのはしのサポーターの皆さま、にじレンジャーのみんな、サイコーのにじのしずくのスタッフ5人と、施設や里親家庭を退所した若者たちと歩んでいきます! 今後ともよろしくお願いいたします🙇‍♀️(すぐに助けてって言うからね‼️)笑



左:にじのしずく相談室長 棚原喜美枝、右:代表 糸数未希

閲覧数:258回0件のコメント

最新記事

すべて表示

تعليقات


bottom of page